工業用ブラシとブラシ自動機の設計製作とブラシ再生を行う野宮産業株式会社ではバリ取り・洗浄テストが無料。テストデータを元に最適な工業用ブラシと自動機を提案します。バリ取り用産業用ブラシ機械の開発、洗浄用ブラシのご相談は野宮産業へ

会社概要

会社概要

会社概要 社屋

会社名 野宮産業株式会社
代表者名 代表取締役社長 野宮英男
創業 昭和15年4月1日(西暦1940年)
会社設立 昭和37年2月17日(西暦1962年)
資本金 2,100万円
本社 〒550-0027 大阪府大阪市西区九条3-28-25
本社TEL 06-6582-1536
本社FAX 06-6582-3433
本田工場(ブラシ工場) 〒550-0022 大阪府大阪市本田4-8-15
本田工場TEL 06-6582-1603
九条工場(機械組立) 〒550-0027 大阪府大阪市西区九条3-19-31
メール nomiya@nomiya-burashi.co.jp
ホームページ https://www.nomiya-burashi.co.jp
営業品目 各種工業用ブラシ・5Starsブラシ・洗浄用ブラシ各種・バリ取りブラシ・シールドブラシ・塗装具一式(ハケ・ブラシ等)・ブラッシング自動機設計製作・各種自動機設計製作・潤滑剤除去装置「クリンカ」・容器洗浄ブラシ「ケミクリン」・バリ取り機「バリンガ」・ワイピング自動機・シャーリング面取り機

特許登録

昭和37年3月 実用新案登録 第567500号 ロール刷毛
昭和37年3月 実用新案登録 第657501号 ロール刷毛
昭和39年8月 実用新案登録 第744507号 刷毛
昭和42年3月 実用新案登録 第825985号 ワイヤーブラシ
昭和45年7月 実用新案登録 第905764号 清掃研磨用刷毛
昭和46年11月 実用新案登録 第94698号 刷毛
昭和62年5月 実用新案登録 第59671号 曲管清掃刷毛
平成12年1月 特許 第1126869号 潤滑剤除去装置「クリンカ」
平成12年1月 特許 第1127430号 潤滑剤除去装置「クリンカ」

会社沿革

昭和15年4月 野宮ブラシ商会の営業開始
日立造船所・寿屋・呉海軍軍需部・郡是製糸・八幡製鐵所・中山製鋼所と取引
昭和37年2月 野宮ブラシ商会を改め、野宮産業株式会社として資本金100万円にて発足 同年、大阪市交通局・
住友電気工業株式会社・伊丹製作所・大阪ガス株式会社と取引
昭和37年4月 九条工場を大阪市西区に開設。刷毛の生産を広げる
昭和38年 資材倉庫、アッセンブル施設を開設
昭和45年12月 実用新案(第905764号)清掃研磨用刷毛をカナダ、アメリカに5万本輸出
昭和55年 電動・空気工具用ブラシを「5Stars」という商標で新たな商品構成を築き、 シンガポール、マレーシアをはじめ、 中近東にまでその販路を広げる
※ とくに昭和60年代の円高騰時期において、シンガポールでは「5Stars」の名で確実な基盤を築く
昭和60年4月 ブラシ工場を西区本田に開設
平成2年1月 自動機ブラシ装置の設計製作を開始し、住友電気工業株式会社伊丹製作所、三菱重工業株式会社、
住友電工焼結合金株式会社、住電ファインコンダクター株式会社などに研磨機洗浄機などの機械を設計製作し納入する
平成5年8月 資本金を200万円に増資
平成6年12月 資本金を400万円に増資
平成7年2月 資本金を1,000万円に増資
熱融着技術によるシールドブラシを開発し、日本フレクト株式会社に納入を開始
平成10年6月 九条工場を改築し、自動機組立工場とする
平成17年7月 ホームページを開設し、バリ取り・研磨洗浄機などのブラシ自動機の設計製作に傾注する
平成18年8月 ブラシ自動機の受注増大に対応するために大阪市西区九条に事務所・機械工場の建設
8月10日に地鎮祭を行う
平成18年10月 10月5日新社屋の棟上式を行う
平成19年1月 1月5日に新社屋の披露パーティを行う
平成19年9月 資本金を2100万円に増資

製品紹介・事例紹介