工業用ブラシとブラシ自動機の設計製作とブラシ再生を行う野宮産業株式会社ではバリ取り・洗浄テストが無料。テストデータを元に最適な工業用ブラシと自動機を提案します。バリ取り用産業用ブラシ機械の開発、洗浄用ブラシのご相談は野宮産業へ

⑥ワイヤー毛材・・・標準タイプ

ワイヤー毛材・・標準タイプ

ワイヤーブラシはバリ取りや塗装剥離・サビ取り・研磨下地処理・溶接後の処理など幅広く使用されています。
また、耐熱・耐食性を目的とした特殊ワイヤーブラシも製作可能です。
ワイヤー線のブラシ毛材は一部を除いて波が付いています。これは線材をギヤの間を通過させてワイヤー線に波付け加工を行います。
ブラシ毛材に波を付けることにより、ブラッシング時の屈曲疲労を分散してやることと毛材のボリューム感を持たせています。
シングル波・ダブル波、浅波・深波などがあり製造方法とブラシ目的により使い分けています。

①硬鋼線・・一般的なワイヤー線

鋼鋼線(SW) 硬鋼線は40C、60C、70C、80Cがよく用いられます。40C→80Cと抗張力は良くなるが価格は上がる。

②亜鉛メッキ線・・硬鋼線に電気または亜鉛メッキ加工

亜鉛メッキ線 硬鋼線に電気または溶融亜鉛メッキを施した線材。

③真鍮メッキ線・・硬鋼線に真鍮メッキ加工

真鍮メッキ線 硬鋼線に真鍮メッキを施した線材。外観は金色。

④メッキより線・・バリ取りや硬い付着物の除去

メッキより線 硬鋼線(70C~80C)に真鍮メッキを施した線材でφ0.18/φ0.25/φ0.38などの
線材を5本/7本を1本の毛材として撚り線加工してある。
ブラシに毛腰が出るため研削力が増し、折損防止にも効果がある。
硬い付着物やバリ取りに良い。
自動車タイヤの芯線に使用されているのでTC鋼線(タイヤコード)とも呼ばれている。

⑤ピアノ線(SWP)・・研削力・耐摩耗性優れる

ピアノ線 ピアノ線は硬鋼線と比較して含有不純物の管理が厳しく
抗張力、捻回値、傷などの品質管理が厳しい。抗張力が強く、
硬さと粘りがあり研削力・耐摩耗性は優れている。
金属疲労にも強いのでワイヤーやバネ材に使用されている。

⑥ステンレス線(SUS)・・耐酸性・エンプラ樹脂バリ取り用極細線

ステンレス線 主にSUS304A種が使用され、硬鋼線に比較して耐酸・耐熱に優れている。
ブラシ毛材太さもφ0.06からと細線も可能なので、エンプラ樹脂の
バリ取り用毛材としても使用できる。SUS310・SUS316もあります。

⑦真鍮線・・柔らかいソフト

真鍮線 銅と亜鉛の合金で黄銅線とも呼ぶ。毛材は柔らかく加工物に傷を付け難く、
研磨効果や異物除去に適します。酸・アルカリには侵されるが大気中で腐食されず錆びない。

⑧リン青銅線・・防爆用

リン青銅 青銅にリンを加えた合金で、強度が高くバネ性に優れ、
電気・熱伝導度が高く・非磁性で科学的腐食に強く耐摩耗性も良い。
電子機器や防爆用の手入れブラシとして使用されている。

⑨オイルテンパー線・・弾性高く耐熱性・耐へたり性が良

オイルテンパー 硬鋼線(40C、60C)を毛材径まで冷間伸線した後、加熱し、焼入、
焼き戻しの熱処理を行い材料の組織を制御し、優れた抗張力と靭性を与えた線です。
線材の真直性が良く降伏点・弾性限が高く、耐熱性、耐へたり性が優れています。

製品紹介・事例紹介