工業用ブラシとブラシ自動機の設計製作とブラシ再生を行う野宮産業株式会社ではバリ取り・洗浄テストが無料。テストデータを元に最適な工業用ブラシと自動機を提案します。バリ取り用産業用ブラシ機械の開発、洗浄用ブラシのご相談は野宮産業へ

①樹脂毛材

ブラシ毛材について

工業用ブラシ毛材は樹脂・金属・動植物・砥粒入りから、静電気除去・耐熱・耐薬・カラー・FDA・食品衛生規格基準など線径も豊富にございます。

樹脂毛材(化学繊維)

①ナイロン(Ny)

種別 比重 吸水率 溶融点 使用限界
6ナイロン 1.14 10.7% 215℃ 100℃
66ナイロン 1.14 4.5% 255℃ 110℃
610ナイロン 1.08 2.5% 215℃ 100℃
612ナイロン 1.02 2.5% 175℃ 100℃
毛材特性 ナイロン毛材は毛材線径・品種が揃っていますので一番よく使用されている毛材です。
耐摩耗性・弾力性・柔軟性に富み長期間使用に耐える。砥粒入り毛材・導電性毛材を始め
洗浄・搬送などブラシ毛材として役割もたくさんございます。
酸には抵抗性は弱いがアルカリには殆ど影響は無い。6ナイロンは強度耐摩耗性。66ナイロンは耐熱性。
610・612ナイロンは耐水性に優れている。毛材径は0.05~1.0まで豊富にある。

②マルチナイロン

マルチナイロン ナイロン単糸(6デニール:φ0.027)を210本で撚った束を、さらに2束合わせて捻り1本の毛束を構成。
洗浄使用することにより毛先がほぐれて6デニールの単糸により洗浄物の隅々までソフトに洗浄できる。
ガラス基板やアルミ・SUSの鏡面仕上げなどに用いられる。

③ポリプロピレン(PP)

ポリプロピレン(PP) 酸・アルカリに抵抗力あり。他の繊維より毛腰が強く、水を含まないので湿式使用時にも毛腰の変化が無い。
比重が0.91と軽く、ナイロンより安価である。摩擦や衝撃で毛材が縦裂けを起こす。
毛癖が付くと回復力は無い。線径が太くなるほど毛材が扁平になり易い。溶融点165℃。使用限界80℃。

④ポリエステル(PET)

ポリエステル(PET) ポリエステルの中で一番多く生産されているポリエチレンテレフタレート(PET)は、ペットボトルや繊維として使用される。
テトロンなど商品名のまま呼ばれることもある。ナイロンに次ぐ強度があり、耐熱性が良い(溶融点260~265℃)。
対磨耗・耐久性に優れる。弾力性があり衣類などシワの回復力が良い。油類・耐薬品性がよい。
吸湿性は低い(水分率0.4%)。静電気は帯びやすい。比重(1.38)。

⑤ポリエチレン(PE)

ポリエチレン(PE) 容器や包装用フィルムに用いられている。酸アルカリには安定。絶縁性が高く静電気を帯びやすい。
引張り強さや衝撃強さに優れる。耐寒性(-80℃)耐熱性(実用110℃スチーム)に耐える。
耐水・耐薬品性に優れる。石油系溶剤やトルエン・ベンゼンには溶ける。比重(0.94~0.96)。

⑥塩化ビニール(PVC)

塩化ビニール(PVC) 耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性を持つ。電気絶縁性である。
酸に強いが60℃位から毛材の収縮が始まり熱に弱い。比重1.39.溶融点135℃。使用限界60℃。

製品紹介・事例紹介